HOME > 研修・セミナー案内 > 産業保健セミナー > 特定化学物質による健康障害の防止対策(3/14 湯川相談員)

特定化学物質による健康障害の防止対策(3/14 湯川相談員)

講 師:産業医学担当 湯川 悟 相談員  
日 時:平成30年3月14日(水) 15:00~17:00
場 所:MSCビル 5階共用会議室(宇都宮市大通り1-4-24)
セミナー概要
 平成28年の特殊健康診断実施状況を見ると、法定特殊健康診断において、有機溶剤
は、実施事業者数31.9%、受診労働者数35.8%、特定化学物質は、実施事業所数
48.3%、受診労働者数40.2%で、特定化学物質が、初めて両者ともに有機溶剤を
逆転する現象が起きました。
 今回は、歴史的社会事件・代表的事例を多数提示して、長年の現場経験を十分生かしな
がら、実際に起こっている化学物質による健康障害の防止対策について、具体的・実践的
なアドバイスを致します。
 トピックスは、特定化学物質予防規則改正と職業性若年性胆管がん事件の経緯について
詳しく説明します。また、胆管がん事件関係者のその後の経過も多数具体的に取り上げて
います。
 興味のある方は、ぜひ参加してください。

参加申込

このページは、SSLサーバ証明書を使用して、あなたの個人情報を保護しています。安心してご利用ください。

セミナー名
職務
-

※確認のためにもう一度メールアドレスを入力してください。

受講当日のセミナーに関する質問があれば事前にご記入ください。当日、セミナー講師が質問者名を伏せて回答させていただきます。

メールマガジン

ページの先頭へ戻る

ご相談・お問合せ